田辺が大将

田辺高校応援団,和歌山県立田辺高等学校應援團

田辺高校応援団 > マーチ 田辺が大将
田辺が大将 紀三井寺球場
| サイトマップ | 歴史 | 校歌・応援歌 | マーチ | 演舞型 | 応援風景 | 團旗・太鼓 |

田辺高校応援団のマーチ「田辺が大将」

田辺高校でもっとも有名なマーチは「田辺が大将」です、この曲が始めるとスタンドでは「田辺が大将」の掛け声がわれんばかりに響き渡り、グラウンドの選手に闘志を漲らせます。

マーチ | 田辺が大将

田辺が大将

制作年 : 1977

振り付け者 : -

6人編成(※1)

通称 : 大将

「タナベガタイショウ」×6回

言わずと知れた田辺が大将は、昭和52(西暦1977)に作成されたマーチです。

田辺が大将

GOGO田辺

制作年 : -

振り付け者 : -

通称 : ゴーゴー、ニンニキ

「レッツゴータナベ。レッツゴータナベ。レッツゴータナベ」

30cm程のポールの先に黄色のポンポンが付けられた「ニンニキ棒」と呼ばれる小道具を両手に持って軽やかに踊るマーチです。

GOGO田辺を聴く

GOGO田辺

ロボコン音頭

制作年 : -

振り付け者 : -

通称 : ロボコン

「一押し、二押し、三に押し。(ソレッ)押して押ぅして、押しまくれ!」

コミカルなリズムに乗せて、表が赤色、裏が黄色の傘を持って踊るロボコン音頭。お百姓さんが農作業でかぶる傘を持って踊る様子をイメージさせますが、そのイメージとは裏腹に大変体力の使うマーチです。

ロボコン音頭を聴く

ロボコン音頭

ダッシュ

制作年 : -

振り付け者 : -

通称 : ダッシュ

かっせ、かっせ、たなべ。かっせ、かっせ、タナベ。かっとばせー、○○○」 (※1)

小道具を使用せず手の振りのみで応援を行う力強いマーチは、大学応援団を彷彿とさせます。

ダッシュを聴く

ダッシュ・ファンファーレ

チャンス

制作年 : 2011

振り付け者 : S氏

通称 : チャンス

「チャンス!チャンス!たなべ」×2回

2011年採用の新マーチ。小道具を使用せず手の振りのみの振り付けです。団員の一糸乱れぬ動作は圧巻です。特に掛声のパートは迫力満点です。

写真なし

牛若丸

制作年 : -

振り付け : -

通称 : 牛若

「?」

??

牛若丸を聴く

牛若丸

田辺が一番

制作年 : -

振り付け : -

通称 : 一番

「ファイトー ファイトー 田辺。ファイトー ファイトー 田辺。かっせ かっせ ○○○。かっせ かっせ ○○○。かっとばせー ○○○。」

その名の通り田辺高校を一番に押し上げるためのマーチです。

田辺が一番を聴く

田辺が一番

神子浜

1997年制作(野球部甲子園出場年)

振り付け : S氏

6人編成

掛け声なし

臙脂色の小旗を2本使用。

手旗信号をイメージした振りは、海を連想させる爽快なマーチです。甲子園出場年に当時の副団長S氏が振り付けたマーチです。

神子浜を聴く

神子浜

扇ヶ浜

1997年制作(野球部甲子園出場年)

振り付け : F氏

「ゴーゴーたなべ。ゴーゴーたなべ。ゴー、ゴー、たなべ」

オレンジ色の両手旗による力強いマーチです。甲子園出場年に当時の団長F氏が振付けたマーチです。

扇ヶ浜を聴く

扇ヶ浜

ドカンと一発

制作年 : -

振り付け : -

通称 : ドカン

「?」

一発が出れば逆転!などのチャンスに持って来いのマーチです。2007頃〜2010年に使用されました。

ドカンと一発を聴く

ドカンと一発

夏祭り

制作年 : -

振り付け : -

「?」

夏色満載のこのマーチは夏のスポーツ応援にぴったりです。爽やかな汗が似合う選手に贈りたいマーチです。

夏祭りを聴く

夏祭り

現在は使用していないマーチ | 

ヤッターマン

制作年 : -

振り付け : -

「?」

詳細不明。1998年に復活したがその後、使用されていません。

写真なし

サウスポー

制作年 : -

振り付け : -

通称 : サウスポー

「?」

名曲は長く愛されます。ちょっぴりセクシーな曲に合わせて元気いっぱいの振り付けが楽しめるマーチです。2007頃〜2010年に使用されました。

サウスポーを聴く

写真なし

タッチ

制作年 : -

振り付け : -

「?」

野球の応援には欠かせない名曲タッチのテーマをマーチにしました。2007頃〜2010年に使用されました。

タッチを聴く

タッチ
用語解説

※1 … かっせー

「かっとばせー」が省略されて出来た造語。応援にはこのような略語が使われることが多く、覚えておくと少し応援が楽しくなることでしょう。

※2 … 6人編成

ボックスと呼ばれる隊列に必要な人数が決まっている型があります。田辺が大将、神子浜はマーチにあわせて旗の上げ下ろし、開く順番が決められているためです。田辺が大将は掛け声の「田辺が大将」×6回にあわせて旗が順番に広げられ、同時に看板の文字が変わると言う趣向が凝らされています。また、神子の浜は旗を振るペースを段階的に加速させることによって士気の向上を表現しています。

※3 … 小旗

全長60cmの棒の先に30×30cmの旗が付けられている。旗は臙脂色に白抜きで浜木綿マークをあしらっています。旗歌旗に比べ軽量のため主に「学生歌」「神子浜」の型に使用されています。雄大で雄雄しい田辺が大将と対照的に俊敏でスピード感のある動作が特徴です。

※4 … 旗歌旗

全長100cmの棒の先に60×60cmの旗が付けられています。旗は白色に臙脂色で浜木綿マークをあしらっています。小旗より重量があり、大きな型に使用される事が多い旗です。もともとは主に旗歌の型に使用されていた旗ですが、最近では田辺が大将の旗でおなじみとなっています。

| サイトマップ | 歴史 | 校歌・応援歌 | マーチ | 演舞型 | 応援風景 | 團旗・太鼓 |

(C)Diva&Co. | 紅茶通販専門店ディーバアンドコー

Copyright© Diva&Co. All Rights Reserved.Since 1962